ランニング3

こんにちは。理学療法士の坂口です。

今回は、“痩せるためのランニング理論!”第3弾として栄養をテーマにお話しさせて頂きます。

いきなりですが、ここで問題です!

Question:どっちの方が痩せやすいでしょうか??

① 「腹が減っては戦はできぬ」と食事を摂って栄養補給をした後に走る

② 「武士は食わぬどつま楊枝」と食前に空腹に耐えながら走る

Answer: ② 食前のほうが痩せやすい! ◎

運動のエネルギー源として使われるのは糖質です。

空腹の状態だと、体内の血糖値は低い(糖質が少ない)状態になります。

血糖値が低いと体の中のホルモンが、血糖値を正常に戻そうとして体脂肪を分解し、糖質を作り出そうと働き出します。

つまり、空腹で走ると体脂肪が分解され、エネルギー源として使われやすいので食後に走るより食前に走る方が痩せやすいと言えます。

コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が増え、運動不足や体重が増えてしまった方も多いと思います。

マスクを着用したまま走ると心肺機能により負担がかかり、脱水も起きやすくなるのでランニングをする際は、ペースを上げすぎないように注意しコップ1~2杯の水分を摂取してから走るようにしてくださいね!

1 票, 平均: 1.00 / 1 1いいね!
読み込み中...