診療案内

首・肩の症状 腰の症状 肘・手の症状 膝の症状 足の症状 股の症状 スポーツ傷害
求人情報 病院検索ホスピタ 中青木整形外科掲載ぺージ Facebook

中青木整形外科

診療時間

午前 - - -
午後 - - -

午前 9:00〜12:30 午後14:30〜18:00
午前 9:00〜12:00 午後13:30〜17:00
午後14:30〜18:30

休診日:木曜日・日曜日・祝日

クリニック所在地

〒332-0032
埼玉県川口市中青木2-15-34
サンライズ中青木医療モール2F
※ 駐車場完備(25台)

中青木整形外科

変形性股関節症

原因

変形性股関節症とは、股関節の軟骨がすり減って痛みが出たり歩行困難になる病気で、女性に多く見られます。
原因は股関節の形が元々異常であることから発症する場合と,純粋に老化による変性で発症する場合があります。股関節の形が元々異常な場合は、約90%が「先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)」や「先天性臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)」を患い、これらが原因で変形性股関節症に移行していきます。

症状

変形性股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。
初期は、立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。また、長時間の歩行や階段の昇り降りでも痛みを感じます。
進行すると、その痛みが強くなり、長時間歩くことや、階段の昇り降り、正座で座ることなどが困難になり、徐々に日常生活に支障をきたすようになります。
歩行は、経過とともに痛みを感じる時間が長くなるため、徐々に歩けなくなります。

治療

まずは、股関節への負担を減らす体重コントロールと、股関節を支える力を強化するためのトレーニングを行い、強い痛みがある場合は消炎鎮痛剤を服用し、保存療法を行います。
保存療法では強い痛みが取れない、進行が止まらないなどの場合は、股関節の状態により、骨を切って、病気によって変形して合わなくなった股関節の適合性を改善させる「骨切術」や、人工の関節に置き換える「人工股関節全置換術」という手術などを行います。